AeroAdminロゴ

インターネット上のPCへのリモートアクセス

PCリモート管理


security-shield

リモートアクセスの機密性や完全性はAeroAdminのための最重要課題です。

AeroAdminでは、PCリモート管理中の転送データの完全性や機密性を提供する効果的な方法が使用されます。

AeroAdminの安全性特徴をご紹介します。


AeroAdminセキュリティ

AES暗号およびRSA暗号
アイディークラックからの保護

AeroAdminは強力なAES-256およびRSA-1024暗号鍵を使用したエンドツーエンドの暗号化を提供します。 この技術は、人気のあるhttps/SSLと同じ基準に基づいたので、世界共通の基準に準拠します。

すべての転送中データの暗号化が行われます。リモートアクセスセッションに参加しているエンドポイントだけがキーを持ち、パッケージを復号化することができます。

暗号化キーは動的であり、セッションごとにランダムに生成され、保存されません。

AeroAdmin IDもランダムに生成されます。攻撃者がIDとパスワードを推測してみる場合、セキュリティシステムによりすぐブロック化されます。

ブロック化がプログレッシブ増分タイムアウトにより実行されます。

2要素認証
分権化

2要素認証はリモート接続中に追加的な安全性を提供します。

お好みの管理者コンピュータIDのホワイトリストを作成し、実行ファイルに埋め込めるアクセス許可やパスワードを設定できます。このようなアプローチは、アクセス許可やパスワードをお持ちの方だけPCへのアクセスを受けられることを保証します。

AeroAdminのセキュリティポリシーは、重要なユーザデータの分散を求めます。

ということで、 パスワードや他のユーザの個人的なデータはAeroAdminサーバに保管されません。このようなデータは暗号化された形式で各ユーザのコンピュータ別に保管されます。


認証やアクセス許可

アクセス許可
  • アクセス許可は、メニューの[接続]-[アクセス許可]で設定可能です。
  • リモートコンピュータのIDにより、接続を確立することができます。
    1. ID「ANY」を入力すると、すべての管理者が利用できるパスワードを作成します。
    2. ご選択の管理者への必要なアクセス許可にチェックマークをつけてください。(例:表示のみ)
    3. 特定の管理者(オペレータ)をブロック化したい場合、チェックボックスのチェックを外してください。

貴方は、ユーザがコンピュータのそばにいない場合にいつもパソコンまたはサーバに接続する可能性があります。

非管理者のアクセスが可能です。

直接AeroAdminの.exeファイルにアクセス許可やパスワードを書き込むことができます。これは、実際に接続を簡単にします。

ブランディングとカスタム化について詳細に調べる